〜空色想い〜poem
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
NO.8

逢いたくて 逢いたくて
どうしようもないときに
君からの電話
凄くうれしいけど
僕の心を見透かされてるようで
恥ずかしい・・・


| Poem | 11:09 | comments(33) | trackbacks(0) |
NO.7

時計の時刻が
君の誕生日を
告げるとき
僕は心の中で
こっそりと
おめでとうを云うよ


| - | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
NO.6

うまく表現できないけれど
誰よりも君を
想っていることだけは
確かだよ


| Poem | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
NO.5

沢山の本を読んでも
沢山の映画を観ても
あなたに伝える
言葉が見当たらない


| Poem | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
NO.4

あの澄み切った
青空のように
あなたの心も
澄み切っていると
誓えますか?


| Poem | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
NO.3
 グラスの中で
氷が音をたてる
アイスティーと一緒に
溶けていく

私もあなたとなら
溶けてもいいよ・・・

| Poem | 15:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
NO.2 
 年賀状
いつも何も書かない君だけど
今年は手書きで
「よろしく」
って書いてあった

いつも書かない君が書いたのだから
たった4文字でも
私にとってはとっても
嬉しいひとことでした

| Poem | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
NO.1
小さな幸せがいっぱい
干した後のふかふかのお布団
洗いたてのタオル
大好きなスイーツ

彼と目があった
それだけで小さな幸せ
他のものともかえられない幸せ
ただ目があっただけなのに
私を見ていなかったのかもしれないのに
あんな一瞬のコトなのに

でも私には小さな幸せ

| Poem | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS



MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER